物を壊してしまった!そんな時に対応する保険!

自賠責保険と任意保険の違い

車はとても便利な生活に欠かせない乗り物ですが、使い方を間違えますと凶器となります。人間は常に集中力を保っていられる動物ではありません。どんなに真面目な人でも疲れていたりとか考え事をしているときに事故を起こすことがあります。そうしたときに役に立つのが自動車保険です。そして、自動車保険には自賠責保険と任意保険というものがあります。
自賠責保険というのは車に必ずついている保険です。反対に言うなら自賠責がついていませんとその車を走らせることはできません。強制的につけられる保険です。それに対して任意保険というのは運転者が任意で加入する保険です。この2つの違いは自賠責保険が人を死傷させたときだけ保障するのに対して任意保険は人のほかに物を壊したときも保障することです。

任意保険が重要である理由

任意保険は人に対しても物に対しても保障しますが、人に対してはは自賠責保険でも保障しています。ですので無駄なように思えますが、自賠責保険は保障額の上限がありますので任意保険でも保障が必要になってきます。自動車で物を壊したとき、例えば塀や建物を壊したとき弁償する必要がありますが、近年は保障額がとても高くなっています。大げさではなく1億円を超えることもありますので任意保険にも必ず加入しておくことが大切です。
人に対する補償を対人、物に対する補償を対物と言いますが、対物を使うケースは車同士の事故のときです。事故には責任の割合を示す過失割合というものがありますが、走行している車同士の場合は片方だけに100%の過失ということはありません。ですので車同士の事故の場合は対物を使うことになります。任意保険は必ずといいほど加入しておく保険です。