相手とどう話したらいいかわからない!示談対応特約で解決!

自動車事故は交渉がこじれることがある

自動車事故は目撃者や証拠がなければ、交渉がこじれることがあります。相手が勘違いしている場合もありますし、嘘をつくことも考えられるからです。その勘違いや嘘をそうではないと証明できればいいのですが、目撃者やドライブレコーダーの映像がない場合は証明するのは難しいでしょう。事故についてのどちらの主張も証明できなければ、平行線のままで落としどころがありません。このようなことになったときには交渉を自分でしていると、時間を割かなければならないですし、手間もかかってしまいます。そこで示談対応特約という任意保険で解決しましょう。示談交渉を代わって対応してくれるという特約になりますので、示談交渉の手間がかからなくなるのです。

交渉のプロに任せる方が安心できる

示談交渉特約があれば、交渉をプロに任せることができます。相手方の交渉役がプロである可能性や交渉がまとまらないことを考慮すると、こちらもプロに任せる方が安心できるでしょう。万が一相手がプロなのに自分で交渉しなければならなくなったとしたら、自分の都合のいいように交渉をまとめるのは難しいかもしれません。交渉相手は誰が出てくるかはわかりませんので、こちらも万全の準備をしておくことが大切です。事故の交渉は専門知識が必要になりますので、プロの方が圧倒的に有利です。交渉で失敗しないためにはプロが始めから交渉していることが大事になります。素人が交渉して、言った言わないという交渉になってしまうと、かなり時間がかかる可能性もあるでしょう。