車が壊れた!けがで家まで帰れない!そんなときでも安心!

故障に役立つロードサービスとは?

車での事故や故障のときに役立つロードサービス、最近ではこのサービスが自動車保険に付帯しているケースが多いのですが、どういうサービスなのでしょうか。保険会社によってサービスは異なりますが、主にバッテリーが上がった時やタイヤのパンク、鍵のとじ込みやガス欠などの車両トラブルの他、レッカーサービスや宿泊や帰宅の費用の補償がされます。車両トラブルの種類によっては、受けられる場合と受けられない場合があり、宿泊や帰宅費用の補償も、ついていない保険会社もあるので確認が必要です。また、レッカーのサービスであっても、無料で行える範囲のキロ数、費用の補償であっても金額の限度額が会社によって違います。そして、自動車保険に付帯してないケースもありますので、その場合は特約を付けることで補償が受けられます。

事故付随費用補償特約でできること

ロードサービスがついていない場合は、事故付随費用補償特約によって同じような補償を受けることが可能です。しかし、補償の対象が車の事故であって、故障は対象外の場合がほとんどなので注意が必要です。ではロードサービスの方がよいのでは?と思ったの人もいるのではないでしょうか。事故付随費用補償特約は、ロードサービスがついていない時や補償されない部分を補う時に入るケースが多いです。保険会社によっては、自宅から一定の距離以上離れていないとサービスが受けられないという制約がついているものもあります。ロードサービスが満足いくものであればよいのですが、ついていなかったり不安があったりする場合は、この特約を使ってみるのも良いかもしれません。